人生は80から

人生100才時代。健康に豊かに楽しく過ごすには

テレビは見なくなった。とくにコロナ関連の番組は見ない。

最近、テレビをあまり見なくなった。

ニュースをみていても、ワイドショーを見ていても、コロナの話ばかりである。

確かに、コロナウイルスの話は、誰も一番、関心があることだ。

 

しかし、コロナウイルスについて、新しいことが何かわかっているだろうか。

コロナウイルスに勝利をしたという武漢の人々の抗体保有率は3%というではないか。

コロナウイルスの最後の患者が、退院したという武漢でも、再び、コロナウイルスが流行すると、今回と同じような再び、起こる。

外国との接触を断って、この状態は、解決したことになるのだろうか。

 

コロナウイルスについて、わかっていないから、抗体保持者が、免疫ができているかどうかも分からない。

2度、3度とコロナウイルスにかかる人が出て来るかもしれない。ただ、繰り返す人は、症状は軽くなるけれど。

コロナウイルスの治療薬も開発されているが、特効薬が見つかっったわけではない。

ワクチンが早ければ1年半くらいでできるように報道されたときもあったけれど、現在は、完成は何時かは、まだ全くわからない。

 

報道できることは、本日のPCR検査陽性者の数と本日の死者数だけである。

PCR検査も、望んだ人たち、必要な人が、すべて受けられているかどうかは不明である。

 

放送時間をうずめるニュースは、毎日の感染者と死者の移り変わりと、行政が、どのような対策を取ったかだけである。

それも、冷静に事実とその解説を伝えるだけなら、いいのだけど、たくさんのコメンテーターや専門家が出て来る。

専門家の話は聞くに値をするが、新しい事実があるわけではないから、やはり同じ話の繰り返しになる。

 

テレビのセンセーショナルな報道を見ていると、追い詰められているように思える。

退職者の私には、家事以外すべきこともない。

この時期を元気に乗り越えるためには、気持ちだけでも、常に前向きにいたい。

必要なニュースはパソコンで見る事にした。

テレビは見ない。

f:id:spring211:20200501075235j:plain

ツツジ