人生は80から

人生100才時代。健康に豊かに楽しく過ごすには

チーズの種類と今食べているチーズ

現在は、糖質制限食をしている。

母のように認知症になりたくない。

母を思うと、糖質制限を続ける事、何の抵抗もない。

おやつは、スィーツはもちろん、おかきも食べない。

果物も2~3年前から、食べるのをやめた。

それでも、3時ころ、空腹になる。

 

現在のおやつは、チーズである。

最初は、スーパーでプロセスチーズを買っていた。

プロセスチーズがどのようなチーズかも知らずに。

 

チーズには、ナチュラルチーズとプロセスチーズがある。

ナチュラルチーズは、乳を固めて発酵させたチーズ。

熟成の少ないモッツアレラチーズから、白カビチーズ、青カビチーズ、セミハードチズ

(チェダー、ゴーダ)ハードチーズ、そ他ウォッシュチーズというのもあるとのこと。

 

一方、プロセスチーズはナチュラルチーズを加熱して溶かし、乳化剤を加えて、型につめて、つるくが、加熱しているので、それ以上熟成することはない。

いつも同じ味、安心して食べられる。

 

息子が、牛乳を飲むのに、遺伝子組み換えでないトウモロコシや大豆を牛に食べさせている牧場を探した。

現在その牧場から、通販で牛乳を取り寄せている。

その牧場では、チーズを生産して販売している。

取り寄せてみた。

おいしい!

病みつきになった。

どのような種類のチーズかも知らずに買っていた。

 

今回の購入したものに、栄養成分表が、貼ってあった。

おそらく、法律が変わったのであろう。

表示は、ナチュラルチーズ

100gあたり

蛋白質27.2g、脂質33.3g食塩1.25g、熱量409calと書かれている。

賞味期限は1か月後。

そして、商品成分データベースでは、チェダーチーズの蛋白質がが25.7g、脂質が33.8gと書かれているので、このチーズは、おそらくチェダーチーズに分類されるのであろう。

 

太平洋戦争後に育った。

小さいとき、日本は貧しくて、サツマイモが主食であった。

スィーツは、手製の芋アメであった。

「大豆の煮たものが嫌い」と言って叱られた覚えがある。

 

現在の日本、どれほど、豊かになったのであろう。

チーズをかじりながら思う。

なんと贅沢な食事をしているのだろうと。

f:id:spring211:20200412082932j:plain

フリージア