人生は80から

人生100才時代。健康に豊かに楽しく過ごすには

マスクは何のためにするのだろうか。

最近、1年中マスクをしている人を見かける。

マスクをされている方は、どのような目的で、マスクを着用されているのだろうか。

 

例えば花粉症にに対して、花粉が、飛散する時期に、マスクをすると、約3分の1から6分の1に花粉を吸いこむ量が減るという。

ただ、風が強いとその効果は減るそうである。

花粉症の症状も減り、健康な人が花粉症になる確率も減るから、確かに、効果はある。

 

風邪やインフルエンンザにかかった人が、周りにウイルスをまき散らすから、マスクをしていると、ウイルスの飛散を防ぐ効果はあるとのこと。

1回のくしゃみで200万個のウイルスが飛び散るのが、マスクの効用でずいぶん減る。

しかし、風邪やインフルエンザのウイルスをマスクをしているから、防ぐことはできない。

このウイルスが、手などについて、それが、他の人に接触して、他の人の口にいると、感染が成立するとのこと。

 

全く違った目的だが、香港のデモの場合、個人を特定できにくくする効果もあった。

 

昨日、今年初めての学校ボランティアが、元気な小学生に会ってきた。

開始前に、マスクが配られた。

風邪をひいていたアドバイザーはいなかったが、潜伏期の人がいた場合、小学生にの風邪やインフルエンザをうつす可能性はあったであろうから、このマスクは、それなりに効果はあったことだろう。

 

私は、耳が聞こえにくい。

マスクをした人と話をすると、話は、半分も聞こえない。

夏でも、マスクをしていて、話をするときに、あごのところにマスクをひっかけている人がいる。

マスクをしているのは、花粉症の方以外は、1年中風邪をひいているのかと勘違いされるかもしれない。

不審者と間違われるかもしれない。

マスクをしている人、最近よく見かける。

本人は、風邪もひいているように見えないし、花粉症の時期でもないときに、マスクをしている。

まさ、自分が面接を受けるときに、マスクをして面接を受ける人はいないだろう。

マスクが不必要な人は、マスクにをしていることが、不思議でならない。

f:id:spring211:20200121070444j:plain

役場前の花壇がきれいだった。