人生は80から

人生100才時代。健康に豊かに楽しく過ごすには

大河ドラマの移り変わり

今年の大河ドラマは、明智光秀

沢尻エリカのMDMA使用により、公開が遅れているが、今年は、久しぶりに大河ドラマを見てみようかと思う。

 

大河ドラマが最初に放送されたのは60年くらい前のことになる。テレビが、一般に普及し始めたころである。

 

当時の大河ドラマは、「花の生涯井伊直弼の一生であった。

尾上松禄、佐田啓二淡島千景、主演だったと覚えている。

このドラマが放送されている途中で、我が家にテレビが来た。

もちろん、白、黒テレビ、かじりつくようにしてみた。

非常に、面白かった記憶がある。

 

その翌年は、長谷川一夫忠臣蔵であった。

これも鮮烈な記憶がある。

四十七士に扮したタレントののった雑誌を食い入るように見た。

 

その翌年の大河ドラマの記憶はない。

見ていたはずなのだが、

 

あと、平将門とか、武田信玄上杉謙信伊達政宗などの大河ドラマの記憶がある。

再来年は、北条義時だそうであるが、そういえば岩下志麻主演で北条政子が放送されていた年もあったと思う。

 

考えてみると、平安中期から、現代までの歴史総ざらえである。

歴史に興味を持つきっかけになる人もいるだろうし、ドラマとして、非常に面白い年もあった。

 

先日、日本で一番人気のある武将の総選挙というのをテレビでやっていた。

織田信長が一番人気があるそうである。

 

私が、子供のころ、ラジオで、講談がよく放送されていた。

当時のラジオの一番人気の武将は、豊臣秀吉であった。

一介の草履取りから、関白まで上り詰めたのであるから、

「時代は、変わるものである」改めて思った。

f:id:spring211:20200110072442j:plain

この実は、七色唐辛子と覚えていたのですが、本当の名前は???