人生は80から

人生100才時代。健康に豊かに楽しく過ごすには

日本でのマーガリンの使われ方

私が若いころ、「マーガリンは植物性油脂だから、動物性油脂であるバターより、健康に良い」なんてことが言われました。

 

しかし、実際の、マーガリンは植物油脂に水素を添加して作りますので、自然界にある油が「シス型」という形であるのに対し、「トランス型」というプラスチックと同じ形ですので、人の体には、悪影響があります。

 

アメリカでは、食物に含まれるトランス脂肪酸の量が規制されています。

 

日本で、トランス脂肪酸の使用が規制されていないのは

「日本ではアメリカに比べて一人当たりの脂肪摂取量が少ないので、今のマーガリンの使用量から、考えると、人に危険はない」と考えられているからです。

 

さらに、2018年にトランス脂肪酸が、10年まえに比べて10分の1まで減ったマーガリンが発売されているようになりました。

 

しかし、日本で、怖いのは、市販のクッキー、パン、ケーキなどにたくさん使われていることです。

ケーキに使われるショートニングトランス脂肪酸を含みますから。

日本人は知らない間に、大量のトランス脂肪酸を摂取しているのですね。

 

できれば、菓子類やパンは家で手つくりできるといいのですが・・・

f:id:spring211:20191206081046j:plain

キンカン