人生は80から

人生100才時代。健康に豊かに楽しく過ごすには

起きて、最初にすること

お題「起きて最初にすること」

夫が、元気なころ、起きてすぐすることは、身じまいをして、朝食の準備をすることだった。

夫が会社に行っていたころは、夫が出勤した後、自分のお弁当を詰めて、私も出勤していた。私はドラッグストアではたらいていたので、出勤時間が、夫より遅かった。

夫が退職してからも、朝起きてすることは、変わらず朝食つくりから、始まった。

朝食をしっかりとることが、健康に過ごす基本だと思っていた。

 

母が認知症で亡くなり、遺伝的に私も認知症になるような小さな変化が、体に起こり始めた。

例えば、友達との約束を1週間、間違う。電車の上りと下りを乗り間違う。

ボランティアの登録日を忘れる。

私は、焦った。

 

その時知った。

糖質制限をすると,アンチエイジングになり、認知症になるのが、遅くなる」

これを信じて、現在糖質制限をしている。

そして、1日の食事の回数を減らすと、血糖値が低く安定して、体内のエネルギーはβヒドロキシ酪酸でまかなうようになるということを。

その時間を長くすることで糖質制限の効果が大きくなることを。

 

思い切って、朝食を抜くことにした。

 

体調は非常にいい。

最近は、いろいろ積み重ねていた、小さな失敗が減ってきているように思う。

 

朝目が覚めたら朝食の準備はしない。

そこで、まず、最初は、ライティングをしていた。

時間をかけて、一生懸命記事を書いても1文字0.5円くらい。

息子に、反対された。

「ライティングは、やめろ。ライティングをしないと生活できないわけではなかろう」。

 

それで、ブログを書き始めた。

ブログはいい。

私は収益を目指してはいない。

自分のたのしみや振り返りや社会とのつながりを持ちたくて書いている。

たくさんのスターやブックマークを頂けると嬉しい。

みなさま方に支えられて、なんと楽しい毎日であろう。

本当に、本当にありがとうございます。

f:id:spring211:20191031072739j:plain

団地の周辺、やっと紅葉してきている。