人生は80から

人生100才時代。健康に豊かに楽しく過ごすには

今週のお題「人生最大の危機」娘の遺体を発見したときのこと。

今週のお題「人生最大の危機」

以前に一度、記事にしていますが、やはり、私の人生最大の危機は、娘の家を訪ねて行って、娘の遺体を発見した時でしょう。

仕事をしながら、一人暮らしをしていた娘が、4年前の12月の夕方突然訪ねてきました。

「忘れ物、取りに来ただけや。今日は忙しいからすぐに帰る」

「晩御飯、食べてから帰れば。すぐ用意するから」

「また、時間があるときに来るから」

娘は、風のように去ってゆきました。

 

その数日後、娘にたわいないメールを送りました。

返事がありません。

さらに、その3日後、もう、一度『生きていますか?」というメールを送りました。

返事がありません。

「いくらなんでも、返事がなさすぎる」と考えた私。

私は、耳が聞こえにくいので、携帯もメールしか使わないのですが、携帯をかけてみました。

20回鳴らしても呼び出し音だけでした。

「おかしいな」と思って、我が家から1時間ほどのところに住んでいる娘の家へ行ってみました。

 

娘は、UR賃貸に住んでいました。

玄関を開けると、リビングの明かりがついていて、エアコンがついていました。

パソコンの前で娘がうつぶせになって倒れていました。顔と指先がすでに真っ黒でした。

着ていたパジャマに、私が手を入れると体はヒヤリとするほど冷たくなったいました。

 

 

 

覚えているのは、携帯から119番をしたことだけ。

間もなく救急隊員がやって来て、娘の遺体を確認して

「警察に連絡します」

と言って帰ってゆきました。

次は、私服の警官が数人やって来て、娘の遺体を運び去りました。

「遺体を検案します。結果を連絡します」と言い残して。

娘のいた部屋が、広いように思いました。

 

夫が亡くなって半年後の事でした。

たった一人残った家族の息子に電話しました。

さすがに驚いて、声の飲んだ息子ですが

「帰ってこいや。事故に気をつけてな」

落ち着きを少し取り戻しました。

 

娘の死因は、致死性不整脈

発作が起きて30秒ほどで、気を失い、そのまま亡くなるそうです。

たった一人で死んでいった娘、

それでも、苦しまずに逝ったことがせめてもの救いだったと思います。

 

娘の死後、私にまだ命が残っていることをに気が付いた私は、「自分が、生かされているのだ」と考えるようになりました。

生かされているのなら、残りの人生、毎日丁寧に生き、やりたいことを、思い切りやろうと思い、国内ですが、一人旅を始めました。

夫と娘の写真をいつもバッグに入れて。

f:id:spring211:20190811061604j:plain

花屋さんに吾亦紅が売られていました。