人生は80から

人生100才時代。健康に豊かに楽しく過ごすには

高野山での昼食は精進料理

先日、高野山に行った時の昼食ですが、高野山と言えば、やはり精進料理だと思っていました。

事前に食べログで検索していましたが、その店は見つからず、目の前の食堂に入りました。

f:id:spring211:20190728064026j:plain

漬物、こんにゃく、ごま豆腐、煮物、そして青菜の漬物、みそ汁でした。

きれいですよね。

 

今写真を見て思います。

外食の食品代には、器の使用料が、入っているのですね。

贅沢ですが、高級な器なら、さらにおいしく感じたことでしょう。

 

煮物は、高野豆腐、かびちゃ、がんもどきですが、魚卵のように見えるものは、食べても何か分かりませんでした。

 

糖質制限をしている私は、事前に「ご飯はいりません」と言っておきましたので、ご飯がありません。

この食事、ご飯がついて一人前なのですよね。

食べ終えて、明らかな量が足りませんでした。

 

追加に鶏の唐揚げが注文できましたが、なんとなく、ここで食べる気がせず、そのまま、店を出ました。

 

この店はご飯代、200円を引いてくれました。

 

続いていった金剛峯寺、拝観後奥に大広間の休憩室がありました。

お茶と東毎、お接待くださるのですが、干菓子は糖質。

私は、旅で、もしも食事が手に入らないときのために、落花生を持っています。

家を出るときに用意した凍らせたお茶と落花生を、その休憩室で食べました。

お茶が、ちょうどよいくらい解けて美味しかったです。

 

食べるものを食べ終えて元気を出した私は、そのあと檀上伽藍の拝観に回りました。