人生は80から

人生100才時代。健康に豊かに楽しく過ごすには

旅の話 電車の乗り間違え

昨年秋、明日香村に行きました。

最寄り駅から、京都に出て、近鉄橿原神宮前までゆき、明日香村を周遊するバスに乗ります。

甘粕の丘、登りたかったのですが、その日1日歩く予定なので、途中で歩けなくなれば怖いので、通過しました。

最初は、明日香寺、明日香大仏が、素晴らしかったです。

お寺の近くにある蘇我入鹿首塚に菊の花が供えられていました。

村の方優しいですね。

明日香寺で、偶然一緒になった女性、二人で、お寺の方の説明を聞きました。

さらに、バスを乗り継いで、有名な石舞台古墳へ。

石舞台の中から青空が見えました。(お墓なのに、中には何もありません)

古代の政争のすさまじさを感じました。

この石舞台古墳のバス停で、先ほどの女性と、言葉を交わしました。

彼女は橘寺へと行き、私は高松塚古墳に行きました。

円墳は優美でしたし、模型でしたが明日香美人は見ごたえがありました。

さらに、猿石に向かう途中で、先ほどの女性と、また、ばったり。

「本当に、よく会いますね」と笑いあって、猿石をみたあと、飛鳥駅へと向かいました。

 

素晴らしい1日でしたが、歩き疲れていました。

そして、その女性とまた、駅で再会しました。

一緒に、電車に乗って、橿原神宮駅で乗り変えようとすると彼女は

「京都へ行くときの乗り換えは、橿原神宮でなく、大和西大寺でしょう」

と忠告してくれました。

彼女も奈良の乗り換え、正確に知らなかったのでしょう。

それを信じた私も、お馬鹿さんでした。

大和西大寺は、奈良から大阪(鶴橋)向かう電車に乗ったとき、京都へ向か時に乗り変える駅なのですね。その時、私が載っている電車は、飛鳥で乗りますしたから、近鉄南大阪線で、終着駅は、大阪(天王寺)です。

都有で、そのまま乗った電車の通過駅が、私が知っている駅名と違っていて、おかしいと感じました。

車掌さんに聞いてみると、「橿原神宮まで、引き返してください」

とのことでした。

家に帰り着く時間を考えると、橿原神宮まで、引き返すより、そのまま天王子経由で帰るほうが、3時間近く早くなります。

そのまま天王子経由で帰りました。

この乗り間違え、日帰り旅行で、近くの事でしたから、移動に時間はかからなかったのですが、もし、遠方で、こんなお馬鹿なことをしていると、目的地に着くことができなくなります。

旅自体は、素晴らしいものでしただけに、自分の下調べの甘さを痛切に反省した日でした。

f:id:spring211:20190521074014j:plain

罌粟(けし)の仲間でしょうね。アヘンができる種類とは違うようですが。