人生は80から

人生100才時代。健康に豊かに楽しく過ごすには

髪染めを止めました。

髪に白髪が目立ち始めて、初めて染めたのは50代の初めだったと思います。

 

そのころ、ドラッグストアで働いていて、「店で染毛剤を「売っているのに、そこで働いているあなた(私の事)が白髪のままでは困る」と美容部員さんに言われたことがきっかけでした。

『「10分で染まる」と書いているのは、真っ赤なウソ、少なくても30分は染毛剤を付けたままにしておきなさい』。

と美容部員さんのアドバイスがありました。

 

それでも、染めて2週間くらい過ぎると、髪が伸びて、つむじの周りが白くなり始めます。

河童のような感じになって、3週間は、持ちませんでした。

液体、クリーム、泡いろいろ使いました。

泡が一番使いやすかったですね。

 

染めるのが面倒になって、私が住んでいる町に毛染め専門店ができてからは、プロにお願いするようになりました。

やはり、プロは違います。染める間隔が月に1回になりました。

 

その後、退職。

一人暮らしになったときに、思い切って、髪染めを止めました。

茶色と黒の中間色に染めていた髪は、染毛をやめる前に、ベリーショートに切りました。

そのほうが、混ざっている期間目立ったなかったからです。

 

染めている期間、つむじに生える毛は、真っ白でした。

染毛をやめると雪のような毛になる予定でした。

 

しかし、現在グレイヘアです。

案外黒い毛が多いのです。

髪自体も、毛が太くなり、腰も強くなりました。

髪の手入れも手間がかからず、気分的にも楽になりました。

髪染め、やはり、髪そのものを痛めていたのですね。

f:id:spring211:20190502082350j:plain

駅前に植えられたキンギョソウです。

シルバーボランティアさんが、手入れをしてくださいます。

春爛漫です。