人生は80から

人生100才時代。健康に豊かに楽しく過ごすには

読書

「信長はイエズス会に爆殺され、家康はすり替えられた」副島隆彦著を読んで

spring211.hatenablog.com この本が、面白かったので、この本の歴史の前後を説明したという、「信長はイエズス会に爆殺され、家康すり替えられた」副島隆彦著を読んでみた。 ヨーロッパの王室が、世界制覇を考えて、世界の海へ出ていった時代(世界史でいう…

田中新二郎著「秀吉はキリシタン大名に毒殺された」を読んで

私たちは、小、中、高校で、日本史、世界史をそれぞれ別に習っている。 しかしこの本は、安土、桃山時代の世界の動きと日本史を融合した本であった。 ヨーロッパで、宗教改革の嵐が吹き荒れて、プロテスタントが、勢い増した時代、宣教師は、インドへ向かい…

「チーズはどこに消えた?」を読んで

この本は有名な本なので、皆さま方は、すでに読まれたと思います。 3章からなる薄い本です。 そして、1章と3章は「チーズがどこに消えた?」を読んだ人たちのデイスカッションで、現実にどのように役立てるかの手引きになっています。 大切なのは世の中は…

ネバーランド(恩田陸)を読んで

恩田陸の「蜜蜂と遠雷」「夜のピクニック」が面白かったので、今度ハ、「ネバーランド」を読んでみました。 私立名門高校の冬休み、生徒は、ほとんど帰省し、寮に残ったのは、 美国、寛司、光弘の3人。そこに、母が、子供のころなくなり、現在父が、アメリ…

三浦しおんの「風が強く吹いている」を読んで

三浦しおんの「風が強く吹いている。」を読んだ。 「陸上経験もほとんどない、寄せ集め集団で、箱根駅伝に挑戦して、東京から、箱根まで、たすきをつなぐなんて、現実ではないだろう。」と、思いつつ、読み始めた。 しかし、個性豊かな8人までは、素人を、…

木村剛氏の「投資戦略の発想法」を読んで、(株式投資を始める前に)

木村剛氏の「投資戦略の発想法」を再読しました。 この低金利の時代、銀行の定期をしていても雀の涙ほどの金利が付くだけです。 現在、コロナが蔓延して、不況がつづくので、世界各国の政府は、金融緩和をしています。(日本でも、日本銀行が、大量のお札を…

佐藤多佳子著「一瞬の風になれ」の1巻を読んで

佐藤多佳子著の「一瞬の風になれ」の1巻を読んだ。 神奈川県春野台高校という普通の高校の陸上部が、舞台である。 天才スプリンターだが、自分の人生を深く考える事のない、一ノ瀬連、その幼馴染で、中学までサッカーをしていた神谷新二が、連の背中を追っ…

新しい瞬間湯沸かし器の安全ランプが点灯し、瞬間湯沸かし器がロックされた話。

15年くらい使った瞬間湯沸かし器をつかっていると、お湯が途中で水に変わるようになった。 「寿命だろう。」と思って、ガス屋さんに連絡した。 新しい、瞬間湯沸かし器に変えてもらった。 「これで、安心して使える。」 と思っていたのに、一昨日、朝起きて…

骨粗しょう症のリスクを避けるには

現在の私にとって、一番怖いことは、寝たきりになること。 もし、寝たきりになっても、癌サバイバーの息子に、私の介護を頼むわけにはゆかないから、介護施設に入居するだろう。 自由に、我が家で、できるだけ長く生活したい。 寝たきりになる原因は一つは認…

2021年1月の俳句

雪国の皆様は、毎日の雪で大変なことでしょう。 1日も早く、雪解けがが待たれますね。 今年は、こちらは、日差しが案外温かいのですが、やはり、時折吹く風は、冷たいものです。 冬至のころは、朝9時になると、朝日が、部屋に当たり始めていました。 朝日…

昨年の白内障手術の費用

昨年1月から9月までに私が使用した医療費の通知が後期高齢者医療広域連合から来た。 私は、喘息治療、メニエル病、急性緑内障手術後の検診、そのほか、緩下剤をもらうために近所の内科に通っている。 保険は、後期高齢者なので、年金から、天引きされている…

貧血だった若いころ、鉄分を取る知識が今のようにあったならば

若いころは、当然、生理があった。 毎月、出血していた。 そして、貧血していた。 赤血球の数の正常値は、大人の女性で380~500万個/µlだが、私自身は、いつも350万個/µlあたりであった。 当然、輸血をしようとすれば、血液比重が足りないからといわれ、輸…

小型株の方が、大型株より値上がり率が高い傾向にある。

かぶ1000投資日記 - 楽天ブログ (rakuten.co.jp) このブログの2020年12月31日を参考に書いています。 2020年運用成績+6,368,197円(総利回り+2.35%) | かぶ1000投資日記 - 楽天ブログ (rakuten.co.jp) 2008年は、リーマンショックになった年です…

イオンのPERが278になっている

PERとは、株価収益率のことで、会社の利益と株価の関係を表しています。 「PERが低ければ、会社の稼ぎに対して、株価が割安である。」と言えます。 計算式は、 PER(株価収益率)=株価÷1株当たりの純利益 であらわされます。 例えば、1株当たりの株価1000…

金柑の甘煮を作った。

買い物に出たら、生協に金柑を売っていた。 早速、購入、金柑の甘煮を作った。 まず、「へた」をとり、半分に切った。 小さな種が出て来るので、竹串で、かきだした。 レシピは 金柑300g 砂糖150g(私は投資制限者なので、代わりにラカントSを使用) 鍋に…

確定申告はしたけれど、住民税の還付は受けないでおくことにした。

e-Taxの送信を終えて - 人生は80から (hatenablog.com) 確定申告を無事終えた。 しばらくすると、私の銀行口座に私が、払い過ぎていた所得税と住民税が、戻ってくるであろう。 私は、もともと、年金生活者である。 若いころ、正社員でなかった時期が長かっ…

オリンピックは、今年実施されるのだろうか。そのニュースが報道されない理由は?

コロナの初めての報道がなされたのは、昨年の1月6日である。 昨年1月28日、武漢に渡航歴のない男性バス運転手が感染してから、日本国内でも多くの感染者が出てきた。 現在も第3波で、いつ終わるかも定かでない。 不要不急の外出をしない事、マスク、手洗い…

家に小さな故障が続く。

毎日の生活を同じように続けていると、時々小さな故障が起きる。 暮に換気扇の掃除をしようとしたら、換気扇が分解できなくなっていた。汚れ過ぎて羽が外れないのだ。 この団地には、高齢者の困りごとを助け合えるボランティア組織がある。 私も、その組織に…

e-Taxの送信を終えて

確定申告の送信をなんとか終えた。 e-Taxの登録 - 人生は80から (hatenablog.com) e-Taxが使えるようになるには、準備が必要だった。 まず、カードリーダーライターを購入した。 マイナンバーカードは、今まで使用したことがなかったので、2種類あるパス…

不要不急の外出の線引きはどこなのだろうか。

私の住む地域は、人口3万人の小さな町である。 現在、緊急事態宣言が出されている地区に入っており、PCR検査陽性者は、1月14日現在で52人いるとのことである。 緊急事態宣言下では不要不急の外出をしないように言われている。 具体的には、「とにかく家にい…

スーパーの値引きを受けるのにスマホが必要になったことに対する感想。

買い物は、週2回、駅前のダイ〇―へ行く。 ほしい商品が、そろっているのと、今まで、65歳以上の人は、消費税抜きの買い物をした合計額が5%引きになったからである。 しかし、この値引き制度、今年の2月で終わりになる。 3月からは、55歳以上を対象に、消費…

北海道本社の元気の良い会社の株価が上がらない理由はなにでしょうか?

北海道にダイイチというスーパーがあります。 札幌、旭川、帯広に展開しています。 コロナの流行している現在、繁盛しているようですがあります。。 PER(株価÷一株当たりの利益)をみると、7.91で非常に低いです。 (上場している前回者の平均15と言われて…

みずほフィナンシャルグループを売ってJALを買いたい。でも、それをするのは何時?

昨年3月、東京証券市場の株価が値下がりしてTopixが1199ポイントになった。 そのころ、みずほフィナンシャル・グループを買った。 現在は、Topixが1856.1ポイントに値上がりしている。 みずほは、Topixの値上がりにはついていってないけれど、値上がりをし…

今年は、JTの株主優待のカレンダーが配布されなかった。

毎年、カレンダーは、JT(日本煙草産業)の株主優待でもらったものを使っていた。 毎月、1枚づつ廃棄してゆくタイプで、毎月の絵柄も風景であり、なごめるものであった。 しかし、この株主優待は、昨年限りで中止になった。 今年のカレンダーは、近所のガス…

糖質制限にあるメリットとデメリット

私は、糖質制限をしている。 糖質は、分解されると、過酸化物になり、体内の組織を老化させると聞いた。 糖質制限を初めて、ほとんど風邪をひかなくなった。 体重も74kgもあったのが、59kgまで下がっている。 体調もいい。 朝1膳、昼1膳、夜2膳ご飯を食べて…

年越しは本を読みながら

あけましておめでとうございます。 昨年は、コロナに振り回された1年でしたが、今年こそ、コロナに終息してほしいものです。 失った、それまでの生活が、どれほど自由でよかったか今更、かみしめています。 家族は、癌サバイバーの息子と二人、帰省してくる…

冲方丁の天地明察を読んで

冲方丁(うぶかたとう)作の天地明察を読んだ。 明察とは、そのころ流行していた、和算の問題を出した時、その回答が正解であれば、「明察」と書いたところから、つけられた題名であろう。 江戸時代、家綱の治世のころ、使われていた暦(宣明歴→862年に中国…

「嫌われる勇気」(アドラーの心理学)を読んで。

いつも、他人の評価を気にしていた。 どうしたら、他人に嫌われず、穏やかな環境で過ごせるか、それを大切に生活してきた。 しかしこの考え方は、間違っていた。 他人は、自分の期待を満たすために生きているわけではない。 だから、自分の人生は、自分の責…

カミュ「ペスト」を読んで

最初、ペストを読んだのは50年近く前だった。 「主人公の医師リューと数人の仲間たちのペストにかかって、世間から隔離された町でも、自分のすべきことをやりながら、たんたんと生活している」という印象だった。 今回改めて、読み直してみると、 まず、最初…

田中 宇氏の「米中逆転」(なぜ世界は多極化するのか?)を読んで。

田中 宇氏の「米中逆転」(何故世界は多極化するのか)をよみおえた。 現在の日本、対米従属である。 アメリカが世界の覇権を握っている。私が、物心ついたときはから、世界の覇者はアメリカであり、それが当然と思っていた。 この本は、2010年ころに出版さ…