人生は80から

人生100才時代。健康に豊かに楽しく過ごすには

健康

牛乳のうそとほんと

東大農学部教授、清水誠先生のミルクセミナーより https://www.j-milk.jp/report/media/f13cn00000000v34-att/berohe000000k263.pdf 「牛乳を飲む高齢者は、飲まない人より、長生きする」と言われていますが、牛乳について、それ以外にも、いろいろな風評を…

ダイエットの方法としての糖質制限

昨年からのコロナ蔓延で、自宅で過ごす方が増えています。 ある企業の調査のよると、コロナ前と現在の間に20~60代、1万名で、体重の増えた方が、30.2%いました。 例えば、年末年始の過ごし方を見ると、「テレビを見て過ごした。」「ゴロゴロして過ごした。…

もしも、歩けなくなったら、そして、補聴器の調整ができなくなったら。

私は、難聴です。 補聴器を、いつも装着しています。 それでも、最近は、マスクをした方の会話ができなくなり、困っています。 「聞えませんから、マスクを外してください。」と言えませんし。 家の中では、マスクをしていないので、息子との会話は普通にで…

シャンプーの洗浄力以外の力(シャンプーの回数を減らすのが良い理由)

もしも、入浴中に、10cmくらいのムカデが、浴室の壁をはっていたら、皆さま、どうされますか? 地方の山の中の一軒家では、ありません。 我が家でも(山際にありますが、都市再生機構の5階建て、住宅の1階に住んでいます。)梅雨のころ、ムカデが、浴室にど…

シャンプーの回数と洗いすぎの危険

皆様、洗髪はどのくらいの間隔でされますでしょうか? 清潔好きの日本人、1日2回くらい? 確かに、髪が汚れていると、皮脂から出る臭いが気になります。 しかし、頭皮の皮脂を取り除いてしまうと、頭皮が乾燥してしまい、ふけやかゆみが出て薄毛になりやす…

骨粗しょう症の予防には牛乳と軽い運動が効果がある。(ミルクセミナーより)

www.j-milk.jp 関東大学人間環境学部健康栄養科の山田哲雄教授のミルクセミナーにより、 高齢者には、骨粗しょう症から、転倒などにより、寝たきりになる可能性が多く、その予防が大切です。 日頃の生活で大切なことは、 ①骨には、カルシウム、たんぱく質、…

喘息は友達!

喘息の友達になって、15年近くになる。 最初、発症したときは、入院した。 その後、喘息の発作をおさえる吸入薬を処方してもらって、吸入続けている。 喘息は、気道や気管支が慢性炎症により、過敏になり、少しの刺激で痙攣し気道が、狭くなることにより、起…

体内で作れない油(必須脂肪酸)の話

食用油といっても色々ありますが、大きく分けて4種類あります。 ①飽和脂肪酸からできているバターや牛脂 ②オリーブオイルなどのω9(オメガナイン)脂肪酸 ③大豆油やコーン油などにはω6(オメガシックス)脂肪酸 ④魚油やえごま油やアマニ油に多いのはω3(オ…

マーガリンに含まれるトランス脂肪酸は、生活習慣病(心臓病)のリスクを大きくする。

バターは牛乳から、作られますが、マーガリンは、植物性(大豆油、菜種油、コーン油、ヤシ油、綿実油、ヒマワリ油)や動物性油脂(魚油、豚脂、牛脂)に水素をつけくわえて作られます。 水素を付け加えるのは、液体の油を固体にするためです。 自然に作られ…

健康でいるためには睡眠が大切、良い睡眠をするために必要な栄養素(ミルクセミナーから)

https://www.j-milk.jp/report/media/f13cn00000000vma-att/berohe000000j1zb.pdf 江戸川大学睡眠研究所客員教授の白川修一郎先生の睡眠の講演から、 睡眠には、目が覚めているとき傷ついた細胞やシステムを修復し、機能を回復させる働きがあります。 眠るこ…

聴力が落ちるまでと落ちてからの生活

昨日は、耳鼻科の定期健診。 私は、若いころから、眩暈を繰り返し、眩暈のたびに聴力を落としていった。 健康診断で聴力検査を受けると必ず 「耳鼻科で精密検査を受けてください。」と言われた。 それでも、電車の中で隣の人に話しかけられて聞き取れないこ…

加工でんぷん

最近、スーパーでかまぼこを買おうとした。 裏の原材料の欄をみると、魚肉とか、でんぷんとか、砂糖とか、塩とかいろいろ書かれた後に加工でんぷんとある。 加工でんぷん、何だろう。 でんぷんとは、別に書かれているから、でんぷんとは別の物質と思われる。…

健康に長生きするには、何を食べたらよいか(ミルクセミナーより)

www.j-milk.jp 桜美林大学名誉教授柴田博先生の講演から、 「高齢者は、何を食べれば、長生きできるのでしょうか。」 日本人は1980年代に世界一長寿国になりました。 摂取カロリーは、そのころ2000kcalを越えましたが、2009年ごろから1861kcalに減っています…

頻尿の薬、八味地黄丸は、私には、効果がなかった。

恥ずかしい話であるが、私には尿漏れがある。 かかりつけ医に相談してみたところ、 「尿が出るのは、副交感神経が、緊張しているとき。 膀胱に尿が溜まるのは、交感神経が緊張しているとき。 尿漏れを抑えるには、基本的に副交感神経のはたきを抑える薬品を…

歯の病気、酸蝕症の予防の仕方

虫歯になりやすい息子、私がつくる白菜の浅漬けを食べなくなった。 この浅漬け〈水大匙3、酢大匙1、砂糖(私は、糖質制限のためラカントSを使う)大匙1/2、醤油小匙1,塩小匙1弱、粉カツオ少々〉に、今年は、白菜を1回2~3枚つけて、作るだけ。 美味…

鰯の煮物は、おいしかった。養殖魚は高級でおいしいが、その餌は安全であろうか。

駅前のスーパーに行くと、調理をしていない鰯を売っていた。 珍しい。 このスーパーは調理済みの魚の切り身(それも多くが養殖魚)が多く売られている。 鯛、ブリ、マグロ、パック入りのお刺身、現在は牡蠣、高級魚が多い。 養殖魚の最初の餌は、新鮮な小魚…

ホッケの小骨が喉に刺さった。

昨日、昼食にホッケの生干しを焼いて食べた。 「美味しい。」と思った瞬間、喉に、ホッケの子小骨が刺さったのが分かった。 つばを飲み込んでみた・・・・だめ お茶を飲んでみた・・・・だめ 牛乳乳を飲んでみた・・・・だめ 取れない。 仕方ないので、かか…

牛乳の利点と課題

メディアミルクセンターのニュースレターより berohe000000j1kk.pdf (j-milk.jp) 今回は、東京農業大学の清水誠先生の講演の紹介です。 ミルクは、乳房内の乳腺上皮細胞内で作られます。 乳腺上皮細胞内の外側を動脈が流れており、この細胞を通過すると、乳…

座る時間が長いと、体調を崩す。

コロナ禍で1日中家にいることが多くなりました。 今までの生活に比べて座ったり、寝ている時間が、増えてはいませんか。 1日11時間以上座っている人は、座っている時間が4時間以下の人に比べて、死亡リスクが、40%アップします。(シドニー大学2012年) 1日…

ミルクセミナーにのっていた、アルツハイマーの防御因子

母は認知症で亡くなりました。 その時の喜怒哀楽は、あるのに、5分前の事を忘れてしまう母の姿を見ているのはつらかったです。 最期は、言葉もすべて忘れた母、それでも、病院のベッドで、私の顔を見て、嬉しそうに笑ってくれた顔は、今も忘れられません。 …

冬に怖い隠れ脱水

脱水症と言えば、夏におきりものと、考えておられることでしょう。 しかし、高齢者の場合、冬にも脱水症がおきています。「隠れ脱水」です。 脱水症は、体の水分が不足していると考えますが、実際は、体液が不足して起こります。 体液の中には、水分以外にミ…

アナフラキシー様の発作を起こした。オリーブ油が原因かも。

昨日、朝6時に、目が覚めた。しかし、なんとなく気分が悪い。 もう少し、寝床で粘った。7時に起床。 洗濯機のスイッチをいれて、いつものようにブログを書く。 途中で、胸が締め付けられるような感覚がある。 洗濯ものを干す元気もなく、再び寝床へ、逆戻り…

牛乳を下痢せずに飲める人と飲めない人

世界のサッカー大会があったとき、選手のユニフォームを見て、どこの国の選手かを見分けます。 例えばフランス、アフリカからの移民が多いです。 もともとのフランス人は、牛乳を飲んでもラクターゼがあるから、背が高いです。 アフリカ出身者にはラクターゼ…

骨粗しょう症のリスクを避けるには

現在の私にとって、一番怖いことは、寝たきりになること。 もし、寝たきりになっても、癌サバイバーの息子に、私の介護を頼むわけにはゆかないから、介護施設に入居するだろう。 自由に、我が家で、できるだけ長く生活したい。 寝たきりになる原因は一つは認…

貧血だった若いころ、鉄分を取る知識が今のようにあったならば

若いころは、当然、生理があった。 毎月、出血していた。 そして、貧血していた。 赤血球の数の正常値は、大人の女性で380~500万個/µlだが、私自身は、いつも350万個/µlあたりであった。 当然、輸血をしようとすれば、血液比重が足りないからといわれ、輸…

不要不急の外出の線引きはどこなのだろうか。

私の住む地域は、人口3万人の小さな町である。 現在、緊急事態宣言が出されている地区に入っており、PCR検査陽性者は、1月14日現在で52人いるとのことである。 緊急事態宣言下では不要不急の外出をしないように言われている。 具体的には、「とにかく家にい…

下痢をせずにすむ牛乳の飲み方

_pdf (jst.go.jp) 足立 達東北大学農学部教授の論文です。 できれば、全部お読みいただきたいのですが、この論文の5ページ目(81)と表示されたページをご覧ください。 日本人は、牛乳を飲むと、下痢をする人が多いです。 日本人は、大人になると、牛乳の中…

80歳で歯が32本ある。

もうすぐ80歳だが、幸いなことに、かぶせた歯とか、差し歯を入れると、歯は、32本そろっていっる。 生まれた家は、家業が忙しく、私が生まれたころ、母は、落ち着いて私に離乳食を食べさしている時間はなかったと思う。 恐らく、口移しで食事を私に食べさせ…

牛乳と卵の人に対する消化、吸収の違い

桜美林大学大学院教授の柴田博先生の小金井研究によると 小金井研究のもたらしたもの (jst.go.jp) 70歳の高齢者の男性において、牛乳を毎日飲む人100人において、80歳まで生きた人は80人。 一方、牛乳を飲まない人とか、時々飲む人の100人の80歳まで生きた人…

認知症予防に、指折り体操

コロナ蔓延で、外出することが減りました。 年を取ると、一番楽なのが、「テレビの前でよこになって、1日テレビを見ている生活」でしょう。 しかし、人の体は使わなければ、脳に刺激が行きませんし、刺激を受けなければ、脳の働きも落ちてしまうでしょう。 …