人生は80から

人生100才時代。健康に豊かに楽しく過ごすには

日当たりがよく、生活に便利な街に住みたい。

書籍化記念! SUUMOタウン特別お題キャンペーン #住みたい街、住みたかった街 by リクルート住まいカンパニー 香川県の郡部に育った。 高校は、地元校であったが、2駅間2時間に1本のJRで通った。 地元の県庁所在地にある学校に進学した。 通学が、1時間…

プレミア12とACLの中継の扱われ方は不公平

私は、住んでいる団地の裏山を回るコース3㎞程を、昼前にウォーキングする日が多い。 途中で、白い字でJapanと書かれた紺色の野球帽をかぶった60代の男性によく合う。 侍ジャパンのファンなのだろう。 今行われているプレミア21ののTV中継をよく見る人なの…

豆腐とオリーブオイル

わたしには、喘息がある。 そのアレルゲンの一つは、キャンーラ油である。 そのことが、わかってから、家で使う油は、市販のエクストラバージンオリーブオイルを使い始めた。 確かに、キャノーラ油より、油は軽く、てんぷらも軽く揚がるし、炒め物をしても油…

2回目の断捨離

夫が亡くなった後、断捨離をした。 夫が、育てていた万年青、趣味で集めていた骨董品、母と私の着物、長年た持っていた本を処分した。 箪笥の上にも荷物があふれたいたし、天袋の中も、ものがいっぱいあったのが、なくなって、家の中で呼吸しやすくなったと…

平均寿命が長い国とその理由

オリーブオイルに興味を持った私、原産国のことを何も知らないので、ネットサーフィンをした。 その時、気が付いたことは、スペインとイタリアの平均寿命が、長いということだった。 平均寿命は、出生時の平均余命のこと。 医療制度の発達している日本や欧米…

乳がんにかかかった友への手紙(7)

spring211.hatenablog.com 最近、あなたは、抗がん剤の副作用について、話をすることが減りましたね。 きっと、薄紙をはぐようにに、副作用によるつらさが減っていっているのでしょう。 本当に、つらかったことでしょう。 私自身は、抗がん剤のつらさを知り…

水俣条約、蛍光灯をやめてLEDを使う理由

私の部屋の蛍光灯が点灯しなくなった。 点灯管を新しいものに変えてもつかない。 蛍光灯そのものは、最近取りかえたばかりである。 故障は、回路か照明器具かわからない。 業者さんに来てもらった。 故障は、照明器具であった。 「現在、今まで使われていた…

オリーブオイルの世界の入り口に立って

子供のころは、オリーブオイルは市販されていなかった。 はじめてオリーブオイルを口にした記憶は、1970年ごろであっただろうか。 小豆島で、国産のオリーブオイルを手に入れることができた。 仏に、食卓をでオリーブオイルを使い始めたのは、スーパーに…

歯肉炎になった原因は?野菜の糖質!

前歯の上の歯茎が腫れている。 指で、顔の上から触ると、少し痛い。 「また、歯肉炎を起こしたらしい」。 3年前には、奥歯の奥の歯茎が腫れた。 その時は、近所の歯科医に診察してもらった。 「歯肉炎ですな。歯茎全体が、腫れています。このまま放置してゆ…

本物のオリーブオイルの1種エグレッヒオを購入して

spring211.hatenablog.com この本に紹介されているolieve Japan という品質コンテストの2015年度金賞受賞品の1種を買ってみた。 調べてみると、楽天で市販されていた。 エグッレヒオという種類である。 国産品にも受賞をしている商品があったが、輸入品…

認知症になった歴史上の人物はだれ?

spring211.hatenablog.com 母は、最晩年、認知症になった。 母の最晩年は、私に「人の老いとはどういうものか」と教えてくれた。 私自身は、認知症になりたくない。 今、私が、そのためにできること。 1)糖質が、認知症の原因の一つと考えられるので、糖質…

PV数が70000を越えました。

相変わらず、ダッシュボードのグラフを、記事に貼り付けることができません。 ここに載せて、報告できるのは数字のみです。 今朝起きてダッシュボードを確認すると、PV数が70,000人を超えていました。 今年、4月3日に、はてなでブログをはじめて、…

朱里城の火事のニュース

今年3月沖縄観光旅行をした。 定期観光バスを利用しての首里城は素晴らしかったし、平和祈念公園では、改めて戦争の悲惨さを思った。 首里城、日本の城と違って、本土とは違う文化の流れを思った。 尚氏玉座。 本当に豪華である。 昨日朝、最初twitterで知…

起きて、最初にすること

お題「起きて最初にすること」 夫が、元気なころ、起きてすぐすることは、身じまいをして、朝食の準備をすることだった。 夫が会社に行っていたころは、夫が出勤した後、自分のお弁当を詰めて、私も出勤していた。私はドラッグストアではたらいていたので、…

消費増税後の家計への影響

消費税が10%になって、1か月近く、その感想ですが、 我が家の場合、エンゲル係数が50%に届きます。 団地の分譲住宅に住んでいて、割賦金は、払い終わています。 それと、18歳以下の子供はいません。 昨年息子は、住民税を払わずにすんでいるので、町の…

団地内での無農薬野菜の販売

団地の裏山を越えたところに貸農園がある。 団地の住人の中に、その貸農園で野菜を作っている人がいる。 そのうちの二人の人が、団地内ミニスーパーの店先で自分が育てた野菜を週3日売ってくれるようになった。 うれしいことに、無農薬野菜である。 spring2…

団地の地域ボランティアによる秋まつり

昨日は、団地の秋まつり! と言っても、神社は全く関係ない。 主催は、この地域の地域ボランティアの団体。 朝から焼きそばと、ホットドッグを作って販売するのと、牛乳パックで作ったびっくり箱、竹トンボならぬ、牛乳パックでつくった紙とんぼをとばすこと…

乳がんにかかった友への手紙(6)

spring211.hatenablog.com お母様、最近は、笑顔が戻られたとのこと、何よりです。 お母様を介護施設へ預けられることに躊躇のあったあなたも一安心でしょう。 しかし、抗がん剤のパクリタキセル投与が終了してから、目に副作用が出てくるとは、思いませんで…

空気亜鉛電池

私は、耳が聞こえにくいので、日常、補聴器を使っている。 補聴器の集音、音量の増大につかわれるのは、空気亜鉛電池という小さなボタン電池である。 ー極に亜鉛を使い、+極に空気中の酸素を使用しているから、電池に目に見えないくらいの小さな穴が開いて…

京都駅前での昼食

いつ行っても京都は混んでいる。 展覧会があった京都国立博物館まで、歩いた。 以前にも、来たことがあるが、私は歩くのが遅く、片道30分くらいかかった。 行きは、東山に向かって、上り坂。 地方であれば、この橋も名所になるであろう。 京都では振り返る人…

ACLで浦和レッズが決勝戦に進出することになった。

spring211.hatenablog.com ACLの対広州恒大との試合が、昨日、広州で行われた。 10月3日は、浦和で行われている。 広州恒大のチームカラーも赤。 浦和チームカラーの赤の穏やかさを含んだ色と比べると、燃えるような色の赤である。 浦和のアウエイユニホ…

佐竹本三十六歌仙展を見に行って

旧秋田藩主佐竹家所蔵であった佐竹本三十六歌仙が、売りに出され、余りに高価なので、買い手がつかず、絵巻物を分割して、当時の実業家や好事家が、買い取った。 ちょうど、今から100年前のことである。(大正8年のできごと) この37枚の絵(住吉大明神が含…

息子の家事

今年2月、息子と同居した。 spring211.hatenablog.com 息子は、最初の手術の時、大腸を全部摘出したので、今もトイレの回数がおおく、いっても水のようなものが、出るだけである。 排尿神経を傷つけているので、尿を出すのも苦労している。 だから、仕事は…

ラグビーW杯、日本対南ア戦を終わって

ラグビーW杯、日本対南アフリカ戦。 終了! 日本代表、本当によく頑張った! 最初、南アにトライされたとき、「スクラムで、完全に押されているって思った」。 前半は日本が、PGで3点返して、何とか、持ちこたえたけれど、日本がトライをすることはできず、…

人生の秋

今週のお題「秋の空気」 秋と言えば、読書の秋、芸術の秋、食欲の秋、スポーツの秋いろいろありますね。 読書の秋は、今オリーブオイルに興味があるので、「エキストラバージンの嘘と真実」トム・ミューラーを読んでいます。 芸術の秋は、先日中国、日本の仏…

息子の半年に1回のCTの結果

spring211.hatenablog.com 昨日は、息子の半年に1回のCT検査の日であった。 今回は、珍しくCTを撮った日に診察がある。 診察は1日で終わるけれど、朝から血液検査、そして以前に膀胱結石にかかっているので、泌尿器科の診察もある。 朝8時前に、飛び出し…

手抜き常備菜をつくってみた

定年退職をして、10年近く。 家族も夫と二人暮らしになって、その後、一人暮らしになり、 その間に、息子が癌になり、現在寛解状態だが、近居していたのが同居するようになり、 息子自身が、家事を一部負担してくれるようになり、1日中、暇なはずなのだが…

通年通性アレルギー性鼻炎がよくなってきた話

子供のころは、よく鼻汁を出していた。 「鼻をしっかりかみなさい」 よく、母に叱られた。 「かんでも、すぐでてくるんだもの」 と言いかえそうものなら、 「だらしない」 とまた、叱られた。 心配した父が、耳鼻科のクリニックに連れて行ってくれた。 その…

観音竹

結婚して、民間の賃貸アパートに住み始めたころ、夫が、斑入りの見事な観音竹を持って帰ってきた。 「どうしたの?それ!」 「育てるんだ!結婚したら、観音竹を育てようと思っていた。きれいだろう」。 確かに、きれいだった! 後で知ったことだったが、そ…

友人の出品した展覧会と仏像展、久しぶりの外食

友人が、油絵を描いている。 今年は、入賞したそうである。 見に行ってきた。 抽象画で、群像のような、絵であった。 題は「わしの混沌(カオス)」。 彼女の心の中が、理解できるように思えた。 それにしても、80歳になって、2m四方の絵を脚立に乗って…