人生は80から

人生100才時代。健康に豊かに楽しく過ごすには

使い捨てマスクの値段

アマゾンで、使い捨てマスクの値段を見ると(白色、不織布、50枚入り)をみると、製造会社による差はあるけれど、2000円前後の値段がついている。

 

コロナ・ウイルスの流行以前は、どんなに高くても、1000円は超えることがなかった。

 

物の値段は、その原材料、加工賃代、運搬代、利益で決められる。

品薄になれば、当然需要と供給の関係が働いて、高値を付ける。

緊急事態宣言当時にマスクの値段、どこまで上がっていたのだろうか。

現在の値段を見ると、少しは、落ち着いたものの、やはり、ずいぶん暴利をむさぼっていると思う。

 

先日、スーパーマーケットに買い物に行った。このスーパーは食品を主に扱うが、雑貨品も置いてあり、マスクも陳列してあった。

 

値段は、50枚入り使い捨てマスク2980円!高い!

 

それでも、少しづつ売れているらしい。

内心、アマゾンの方が送料を考えても安いのにと思った。

世の中、高齢者もいて、すべての人がPCやスマホを使えるわけではない。

必要な人が、買うのであろうが、

それにしても!それにしても!である。

 

私は、アベノマスクがあるし、不織布マスクを洗濯して使っている。

常に新しいマスクが必要なわけではない。

 

このスーパーは、全国的展開をしているのに・・

改めて思った。

f:id:spring211:20200706071345j:plain
f:id:spring211:20200706071421j:plain
f:id:spring211:20200706071453j:plain

 

 

今年は国勢調査の年。

町の広報誌を見ていた。

今年は、国勢調査があるそうだ。

 

調査員の募集をしていた。

書類を配り、回収する仕事で、1調査区(40~70世帯)あたり、3万9千円、2調査区あたり7万4千円の報酬があるとのこと。

今年は、コロナの性で非対面の調査になるそうだ。

 

思わず食指が動いたが、耳が聞こえない私では、説明会の説明も聞き取れない場合があるだろう。

応募はやめることにした。

 

前回の調査の時、調査員が、書き込まれた用紙にミスがあるかどうかチェックするとき、個人情報が洩れるのではないかと問題になったことがある。

今回は、非対面なら、どのような処置がとられるのだろう。

 

それにしても、国勢調査の結果はどのような結果が出るのであろうか?

日本の人口はどの程度減っているのであろうか?

費用をかけて行う調査である。

調査結果が、思うような結果でなくても、正確な数字を発表してほしいものである。

f:id:spring211:20200705065558j:plain

半夏

働いていたころ、娘の発熱!

結婚して、子供二人に恵まれた。

しかしながら、夫一人のお給料では、毎日食べてゆくのが、やっとであった。

 

そのころ、私は、大阪郊外の団地に住み、両親は、香川県に住んでいたし、夫の母は岡山県に住んでいた。

両親に子供を預けることはできなかった。

今なら、保育所に子供を預けることを考えるけれど、幼稚園児の息子と、幼稚園にも行っていない娘を保育園に預ける勇気はなかった。

 

私が始めた仕事は、中学生の添削であった。

週2回京都市内へ出来上がった中学生の答案をもって行き、次の課題を受け取ってくるという生活であった。ほかの日は自宅で、中学生の答案に朱筆をいれる仕事だから、子供とともに、生活できる。

 

あるとき、娘が、38℃を超える熱をだした。

娘に「今日は京都に行かなければならないだけど」

というと、

「いいよ。家でテレビをみながら、待っているから」

という。

布団は敷いておいた。

息子は、その日お弁当をもって幼稚園に行っている。

 

往復2時間余り、気が気でなかった。

家に帰ると、もしもの場合を考えて、置いておいた洗面器の中に娘の吐物があった。

「テレビ見ていたんや」

という娘。

顔が真っ赤になって、熱は39℃近くまで上がっていただろうか。

赤い綿入れを着せていたが、頬の色が、その綿入れの色とほとんど変わらなかった。

 

娘がいとおしくて、

「よう、辛抱してくれたね。ありがとう。」

と言った。

 

途中で、おみやげに買ってきたアイスクリームを食べると、安心したのか、眠ってしまった。

 

その後も何度か、子供の発熱や入院などがあったけれど、夫が自宅にいたり、入院の時は田舎の母が出てきてくれた。

 

子供たちは、無事に成長して、社会人になったけれど、二人とも健康に恵まれず、息子は現在癌になってアーリィリタイをしているし、娘は3年程前に心臓発作を起こして、先に旅立ってしまった。

 

それでも、息子が、今も命があることは、私にとって生きる糧になっているし、娘も私の人生に豊かな時間をくれたことに感謝している。

f:id:spring211:20200704081751j:plain

 

 

 

働くパパママ川柳×はてなブログ 特別お題キャンペーン #仕事と子育て

働くパパママ川柳×はてなブログ 特別お題キャンペーン #仕事と子育て
by オリックスグループ

足先が冷える。いわゆる冷え性、対策はしているのだけれど。

この数年、足の先が冷える。

ウォーキングをして帰ってきて、上半身は、汗をかいれいるのに、ソックスをとると、その瞬間は、気持ちいいもの、すぐに足の先が冷え始める。

夜寝るときも、ソックスをぬいでねると、足先が冷えて寝られなくなる。

 

原因は、血液やリンパの循環が悪くなったから。

体温が、下がっているから。

 

体温が、37℃を越すと人は、病原菌を殺す物質が体内つくられる。

体温が1℃下がると、免疫が30%下がる。

体温が1℃上がると、免疫力が3~6倍になる。

 

対策をググってみると、

まず、ダイエットはいけません。

熱量をしっかり放出するたんぱく質をしっかりとりましょう。

 

蛋白質、しっかりとっているのに。

私の体重は、56kg、体重からかんがえて56g以上の蛋白質が必要だけど、どんなに低くみつもっても、1日60g以上は食べている。

 

体を温めるため、入浴がよいという。

もちろん、毎日シャワーでなく入浴している。

 

下半身ストレッチがいいという。腰痛があるので、欠かしたことはない。

 

全身運動がよく、ウッォーキングがよいという。

駅前に買い物に出る日と雨の日以外は、1日3kmほど歩いているのに。

 

この年齢になると、ウォーキングの時一時杖なしで歩けるようになっていたのが、また杖を必要としている。

年を重ねるということに抵抗はできないようだ。

 

私の人生の目的は、今は健康寿命をのばすこと、

癌細胞が体内にあり、日常生活で、呼吸が苦しい息子に、私の介護を頼むわけにはいかない。

できる限りの体のメンテはして、最後ピンピンコロリとゆきたいものだと、思っている。

f:id:spring211:20200703073443j:plain

キスゲの仲間?

 

 

ごみ袋有料化と我が家のゴミの処理の方法

昨日から、スーパーやコンビニなどのレジ袋が有料化された。

 

私の住む町では、すでに昨年から、スーパーのレジ袋は有料化されている。

海洋にながれだしたプラスチック削減が目的とのことであった。

私は、買い物に行ったり、外出する場合、リュックを背負い、たためるマイバッグを持って出かけるようになった。

 

行われるはずだった東京オリンピック開催にむけて、環境問題に取り組んでいることを世界にアピールすることが、この時期にレジ有料化した目的だったようだ。

 

しかし、2017年の統計によるとプラスティックの総排出量は、903万トンであり、レジ袋は19.7万トンとのことである。

今回のレジ袋有料化は、あくまでも、プラスチック袋を使わないように、日本人の意識改革が目的である。

 

私自身をふりかえってみると、レジ袋有料化前は、もっらたレジ袋は、家から出るゴミを捨てるときに使ってきた。

生ごみを子供のころは、家庭菜園に捨てていた。

大阪に出てきて、畑のない生活で、すぐに捨てる事が出来ない生ゴミをレジ袋に入れて、ふたつきのゴミ箱に保存して、ごみ収集日にすててきた。

現在,持ち手のあるM寸のプラスティック袋を買っていて、それに、まとめて入れて、ゴミ箱にほぞんをして、ごみの日に捨てている。
今回の経済産業省の目的からは外れるが、私の住む町のごみ焼却場は、プラスティックゴミを焼却できるから、そのようにしている。

意識の上で、二酸化炭素の発生を抑えたいが、現在の生活ではどうしようもない。

ただ、コンビニで買い物をしたり、調剤薬局で薬をもらったりしたときの小さなプラスティック袋は、辞退出来るけど。

f:id:spring211:20200702080242j:plain
f:id:spring211:20200624065929j:plain

クチナシ2種

 

 

 

バター100gつくるのに、22本近くの牛乳が必要とのこと

牛に遺伝子組み換えとうもろこしや大豆を食べさせてない牧場から、通販で、いつも牛乳を買っている。

spring211.hatenablog.com

息子の癌が再発しないようにするためである。

 

その牧場では、オンラインストアにバターは売っていなかった。

しかし、ネットサーフィンをしていて、無農薬野菜を販売している店でその牧場のバターを見つけた。

 

もちろん、購入した。

 

そして、牛乳とバターの成分を比較してみた。

ここではふくまれている脂質だけをみると、

牛乳は100gあたり、3..8g

バターは100gあたり、83.1g

含んでいる。

83.1g/3.8g=21.8

となる。

この結果から、バター100gを得るには、牛乳が2200g必要になることが分かる。

 

牧場主の手紙によると、バターは、サプリのような貴重品とのこと、納得できる。

 

私も、この牧場とは違うが別の遺伝子組み換えでないトウモロコシや大豆を牛に食べさせている牧場からチェダーチーズを購入している。

その時も、牛乳とバター100gにふくまれている脂質の量から比較して、チーズ100gを作るのに、900gの牛乳が必要と知って、驚いたことがある。

 

アメリカで増える人口に対応するために、マーガリンを作りさらに、牛に大量の牛乳を出すためにトウモロコシや大豆を食べさせ、さらに、遺伝子組み換え大豆やとうもろこしを与えて、そして、乳をたくさんだす肥育ホルモンを投与している理由もうなずける。

 

マーガリンは、プラスチックと同じ立体構造を有しているとんでもない代物だし、遺伝子組み換え植物にかかる農薬は癌を悪化させる。

肥育ホルモンも現在は、アメリカやヨーロッパは使用を禁止されている。

 

自分で調べて、自分で知識を身に着けてゆかなければ、人は思いもかけないところで命を落とすことになる。

f:id:spring211:20200701074432j:plain

ツユクサ

 

 

 

 

宅配便で間違えて牛乳を冷凍便で送ってきた話

私は、多くの食品を、ネット上で買っている。

有機栽培をした大豆や小麦や米を材料にした調味料(醤油、酢、みそ)。

自然養鶏をした鶏肉や卵。

エクストラバージンオイル。エゴマ油。

草と遺伝子組み換えでない大豆やトウモロコシを餌にして育てた牛の牛乳やと乳製品。

1週間に3日くらい荷物が来る。

 

コロナ禍で、外出が難しく、また、バス停を降りてから、坂道を10分くらい上らないないとの買物から帰れない我が家では、宅配便の発達は、本当にありがたい存在である。

 

 

 

何度も利用していると、宅配便も人のする仕事の一つだから、ミスが発生する。

一昨年暮れ、鶏肉を冷凍便で送るべきところ、係員が、間違えて冷蔵瓶で送ってきた。

中継支店で、気が付いて、発送者に連絡して、再送をしてもらったことがある。

 

今回は、牛乳が、冷凍便で送られてきた。

 

牛乳を冷凍すると、蛋白質が、沈み、脂質が上に浮く。

飲めないことは、ないけれど、味は極端に悪くなる。

 

冷蔵庫の製氷皿で冷凍させると、アイスコーヒーなどを作るときに便利な美味しい牛乳の氷ができるけれど、1L瓶を凍らせた場合は、そうは行かない。

 

発送者、宅配便の業者の話し合いで再送してもらうことになった。

 

ルーチンの仕事、慣れているとはいっても、人の注意力には限界がある。

おそらく、コロナで仕事量が増えて、ミスを発生させてしまったのだろう。

 

私も、毎日の生活の中で、小さなミスをよくしている。

日常生活気配りをしてゆきたいと改めて思った。

f:id:spring211:20200630071027j:plain

マンネングサ