人生は80から

人生100才時代。健康に豊かに楽しく過ごすには

日当たりがよく、生活に便利な街に住みたい。

 

書籍化記念! SUUMOタウン特別お題キャンペーン #住みたい街、住みたかった街

書籍化記念! SUUMOタウン特別お題キャンペーン #住みたい街、住みたかった街
by リクルート住まいカンパニー

香川県の郡部に育った。

高校は、地元校であったが、2駅間2時間に1本のJRで通った。

地元の県庁所在地にある学校に進学した。

通学が、1時間半かかった。

就職先も通勤に1時間必要とした。

 

まだ、車が一般化していない時代であった。

 

大学の職場訪問で京都から大阪へ移動する電車の中で、南に見える竹藪を見て「こんな地域に住みたい」と思ったことを覚えている。

大阪にも、京都も近い。

職住が接近している。

大阪市内や、京都市内に出安いし、生活が、便利であろうと。

 

現在、学生時代に、ふと、思ったその地域に住んでいる。

大阪や、京都には近いが、駅前に出るのに、バス停まで10分、バス5分を必要としている。

働いていたころは通勤にやはり、1時間を必要としていた。

 

今住んでいる地域は、子供のころ住んでいた香川県比べて圧倒的に雨が多い。

緯度も香川県より北にある。

それだけに寒い。

これは若いころ気が付かなかったことである。

暖房が発達しているから、家の中は暖かいが、もっと日の光が欲しいと思う。

 

現在は、退職した。

通勤も通学も関係ない。

しかし、今住んでいる地域、大阪市内や京都市内に近いことは、生活するうえで楽しみが多い。

今住んでいる地域でよい。
これからは医療施設が近いところがいい。
駅前の高層マンションの日当たる部屋に住みたいと思う。

f:id:spring211:20191113072453j:plain

ナデシコ、いろいろな色がある。

 

 

 

 

プレミア12とACLの中継の扱われ方は不公平

私は、住んでいる団地の裏山を回るコース3㎞程を、昼前にウォーキングする日が多い。

途中で、白い字でJapanと書かれた紺色の野球帽をかぶった60代の男性によく合う。

侍ジャパンのファンなのだろう。

今行われているプレミア21ののTV中継をよく見る人なのであろう。

 

私は、40代の息子の影響でACLアジアチャンピオンズリーグ、サッカー)のTV中継をよく見る。

この中継を見て思うことは、ハーフタイムのCMがチューリヒ自動車保険であることだ。

この保険のCMは、地上波では見たことはない。

CMは、買ってくれそうな人を対象に流すことが基本であろう。

ということは、ACLをよく見る世代、多分30代~50代を対象にしたものであろう。

 

プレミア21は、地上波で中継が、行われる。

ACLは、我が家がJ-comに加入しているから、見ることができるだけである。

アジア地区のサッカーの報道が、小さく扱わされていると思える。

頑張っているサッカー選手の事も、もっと広く中継してほしいものである。

報道の在り方として、考え直してほしい。

f:id:spring211:20191112073955j:plain

シルバーボランティアさんが植えてくれたナデシコ

豆腐とオリーブオイル

わたしには、喘息がある。

そのアレルゲンの一つは、キャンーラ油である。

そのことが、わかってから、家で使う油は、市販のエクストラバージンオリーブオイルを使い始めた。

 

確かに、キャノーラ油より、油は軽く、てんぷらも軽く揚がるし、炒め物をしても油っぽくはない。

 

しかし、多田俊哉「そのオリーブオイルは偽物です」を読んで以来、果たして、市販のエクストラバージンオイルが本物かどうか、疑いの目を持ってしまった。

市販のオリーブオイルは、私はテイスティングをしたことない。

正式のテイスティングのの方法は、知らないが、舌の上にオリーブオイルをのせて、味や香りを味わてえ見ることはできる。

 

今、通販で有機のオリーブオイルを買っている。

有機認証には、嘘はないと聞いている。

 

オリーブオイルの使用方法は、てんぷら、炒め物、ドレッシング、ムニエル、アヒージョ、マリネくらいしか知らない。

「OLIVE JAPAN,20〇〇」で受賞したエグレヒオを手に入れたのだから、他の使い方もためしてみた。

 

一番、簡単なところで豆腐にオリーブオイルをかけてみた。

豆腐1丁80g

糖質2.2g、蛋白質4.6g、脂質2.2g

を含んでいる。

 

若いころ好きだった森永のクラフトチーズはタンパク質3.4、脂質4.4、

雪印6Pチーズはタンパク質3.7、脂質4.7

どちらも、脂質はタンパク質の1.3倍弱含まれている。この比が、蛋白質と脂質の比でおいしい比だから、この比に近づくように、オリーブオイルをかければよい。

 

豆腐の蛋白質4.6gだから、脂質は、5.98g必要となる。

豆腐が含む脂質は2.2g、その差は、4.78g→約5gだから、大匙1杯かければよい。

 

エグレヒオには、喉をさすようなエッセンスが最初にあるが、豆腐にかけると、味気ない。

しかし、塩を加えると、おいしかった。

癖になりそうな、味わいがあった。

ただ、他の種類のオリーブオイルでは、どのような味わいになるかは、わからない。

エグレヒオに似たトルコ産のチブギス・オリーオイルでも、同じように食べておいしかった。

 

ご馳走様。

興味のある方は一度おためしください。

相性が合えば、絶品です。

f:id:spring211:20191111072428j:plain

シルバーボランティアさんが、植え替えてくれた駅前のデージー(?)

2回目の断捨離

夫が亡くなった後、断捨離をした。

夫が、育てていた万年青、趣味で集めていた骨董品、母と私の着物、長年た持っていた本を処分した。

箪笥の上にも荷物があふれたいたし、天袋の中も、ものがいっぱいあったのが、なくなって、家の中で呼吸しやすくなったと思った。

 

今回の断捨離は、郵便受けに入っていた1枚のビラから始まった。

最初の断捨離の時、来てもらった業者さんの付けた値段の、「ひとまとめ○○円」というやり方を内心不満に思っていたからだ。

そのビラには、私が住んでいる団地の管理会社とタイアップと書いてあった。

おそらく、「買い取り場所に集会所を貸し出すだけだろうが、管理会社が、わけのわからない業者に、場所を提供するわけはない」と思えたからだ。

 

今回処分したのは、もし娘が元気なら、娘が結婚するとき、私が持たせたいと思ったお茶の道具(娘は、「そんなもの、いらん」と言っていたが)娘や私の指輪やネックレスやバッグである。

特に、夫が亡くなったとき、娘が「一生もの」だといって買ったパールのネックレス

は見るたびに、処分する決心がつかず、胸が締め付けられるような気持がしていた。

 

お茶の道具などの骨董品は。全部まとめて1500円。やはり、安い!

ブランドのバッグは、買値の8%。やはり、驚くほど安かったが、個別に値段をつけてくれただけましだろうか。

パールのネックレスも買値の8%。(亡くなった娘の面影が一つ消えて、肩の荷が一つ下りたように思った)。

 

もっとも、驚いたのは、娘のアクセサリー用の指輪。

業者さんは言う。

「いいものを、お持ちですね」。

娘は、指輪の値段を私にさばを読んでいた。

「働かなきゃ、食べられん」といつも言って、貯金など1銭も持っていなかった娘。

これが、買値の8%とすると。買値は???

後で、ネットで類似品の値段を調べてみたが、業者さんの付けた値段の2倍くらいの値段であった。

私の知らなかった娘の一面であった。

f:id:spring211:20191110065615j:plain

今回処分した陶器のひな人形。

私の祖母のものだそうだ。

子供のころ、物のない太平洋戦争後、私はこのひな人形で、人形遊びをしていた。

各200円で引き取られていった。

 

平均寿命が長い国とその理由

オリーブオイルに興味を持った私、原産国のことを何も知らないので、ネットサーフィンをした。

 

 

その時、気が付いたことは、スペインとイタリアの平均寿命が、長いということだった。

 

 

平均寿命は、出生時の平均余命のこと。

医療制度の発達している日本や欧米諸国が長いのは、当然のこと。

アフリカ諸国がやはり、短い。

1位香港、2位日本、3位マカオ、4位スイス、5位スペイン、6位イタリア・・・

フランス11位、ドイツ30位、アメリカ39位である。

 

 

 

アメリカの平均寿命は昨年より、短くなっている。

その原因は、ドラッグの使用率が増えていること、自殺率も高いことに加えて、肥満が増えて、糖尿病が増えているとのこと。

 

 

とくにスペインは、医療制度がよくないと聞く。

スペインは、世界5位である。
フランスやドイツの方が、経済的に発達している。当然、5歳以下の子供の死亡率も低いだろうし、老人への医療も整っているだろうに。

 

 

人の命が伸びるのは、医療制度の充実が、大きな役割を果たす。

しかし、食物の内容も大きな影響を与えるのではないか。

 

 

やはり、日常的にオリーブオイルをたくさん使用することが、人の健康に役立っているのではなかろうか。

糖質制限をしている我が家では、最近、脂質とタンパク質の摂取量が増えている。

特にエゴマ油とオリーブ油の使用が増えている。

いろいろな種類のオリーブ油これからも探してゆくのは楽しみである。

f:id:spring211:20191109072715j:plain

石蕗の花が咲き始めた。

 

 

乳がんにかかかった友への手紙(7)

spring211.hatenablog.com

最近、あなたは、抗がん剤の副作用について、話をすることが減りましたね。

きっと、薄紙をはぐようにに、副作用によるつらさが減っていっているのでしょう。

本当に、つらかったことでしょう。

私自身は、抗がん剤のつらさを知りませんけど、息子の苦しみを見ていたころは、本当に、胸をかきむしられるように思いました。

あの辛さ、本当によく耐えられましたね。

目の状態も、快方に向かわれ何よりです。痺れも懐炉で温めれば、楽になるとのこと、よかったですね。

 

 

そして、放射線治療の始まりですか。

乳房温存療法をされた方は全員受けますね。

この治療を受けることで、再発が3分の1に減ります。

週5日の治療で50グレイの放射線量を毎日受けて、1日2グレイづつの照射になります。

3~4週間目ころ、照射を受けている皮膚が日焼けのようになり、かゆく、ひりひりするようになる場合がありますが、治療終了後2週間くらいでよくなります。

 

放射線科の医師の話で「肺に二次がんの発生の可能性がある」とのことで、

乳がんの治療で受けた放射線で、どうして、肺がんになる心配をしなければならないか」と怒っていらっしゃいましたが、確率の問題です。

放射線の治療を受けて再発を減らす利益が、肺がんが発生する損失より大きいからです。

 

これから、5週間病院に、毎日行かれるから、お母様の介護施設に行けないとご心配ですが、あなたが、まずお元気になられることが、今は一番大切です。

お母様は、今は落ち着いて生活をされていますので、来月に、逢いに受けますものね。

 

病院へ通う車の運転、十分気を付けてくださいね。

f:id:spring211:20191108073922j:plain

菊の季節ですね。

 

水俣条約、蛍光灯をやめてLEDを使う理由

私の部屋の蛍光灯が点灯しなくなった。

点灯管を新しいものに変えてもつかない。

蛍光灯そのものは、最近取りかえたばかりである。

故障は、回路か照明器具かわからない。

業者さんに来てもらった。

故障は、照明器具であった。

 

 

「現在、今まで使われていた照明器具は、LEDに取り換えるように法律で決まった」

と聞いていた。

今まで使われていた照明器具はすでに発売されていないとのこと。

「自分の生命より、長持ちするLEDになぜ変えなければならないのか」正直疑問だった。

 

それでも、決まりは決まりである。

業者に連絡する前に、LEDについて、調べてみた。

 

蛍光灯の管の中には、微量の水銀が含まれている。

無機水銀だし量も少ないから、蛍光灯管が壊れても、人の体に害を当てるほどの量ではない。

しかし、この蛍光灯の生産現場ではどうだろうか。

 

以前、水俣病が、熊本県で起きたことは、記憶に新しい。

現在世界の発展途上国で、水俣病が起きるのと同じような事件が起き始めているそうである。

このようなことが2度と起きないように、日本が主導して「水銀と水銀を使用した製品の製造と輸出入を規制する国際条約が2013年に提案されて、世界の50か国で批准されて、2021年に発効する。

したがって蛍光灯管は使用できなくなる。

当然、家庭の照明器具は、LEDに変わってゆくことになる。

 

我ながら、こんなことも知らなかったのか、自分の阿保さかげんにおどろくばかりである。

spring211.hatenablog.com

私の補聴器の電池からも水銀を使っていないものに変わった。

実際に使ってみると、今までの電池は1個で4日間くらいもったが、改良型では1日しか持たない。

水銀の威力素晴らしいものである。

それでも、水俣病と同じ事件は世界のどこでも起こしてはならないものである。

f:id:spring211:20191107065610j:plain

寒くなったのに、まだかまきりがいた。