人生は80から

人生100才時代。健康に豊かに楽しく過ごすには

セ・リーグの球団とその親会社

会社の時価総額とは、その会社を買い取ろうとしたとき、必要な金額。

その日の株価×発行株数で求められる。

現在、日本で、一番大きい会社はトヨタで、32兆3607億2800万円(2021年10月21日現在)

 

セリーグの各球団の親会社の時価総額を見てみた。(2021年10月21日現在)

ヤクルト(ヤクルト本社)     9800億9000万円

阪神阪急阪神ホールディングス) 8823億5600万円

巨人(読売新聞)         未上場

広島(マツダ(株))       6652億3000万円

中日(中日新聞)         未上場

DeNAディー・エヌ・エー)   2791億7200万円(ゲームやSNSから、スマホアプリに転換、任天堂と提携している会社)

 

親会社に、トヨタのような大規模の会社がないのは、なぜだろう?

野球は、戦争後、日本人全体が楽しみにしている娯楽であった。

現在の中日に、トヨタが肩入れしても、おかしくはないのに。

 

子供のころから、「なぜ巨人ばかりが強くて、他の球団が、巨人の胸を借りるような態度をとるのだろうか。」不思議だった。

だから、私は巨人が、特別扱いされるのが嫌いであった。

新聞社は未上場である。

どのくらいの大きさの会社かはわからない。

もちろん、大阪に住み始め、阪神が強い年だけ阪神を応援する。

ただ、クライマックス・シリーズがあるので、1位には、あまり、こだわらなくなったけれど。

f:id:spring211:20211023075431j:plain

百日草

私が子供のころのプロ野球

今年のプロ野球も終わりにちかづいた。

1位チームが、セは、ヤクルトか?パは、オリックス

そして、クライマックスシリーズが行われる。

日本シリーズは、どこが優勝チームになるのだろう。

 

私は、セの優勝者とパの優勝者が、そのまま日本シリーズを戦うのが、わかりやすくて、すきだけど。

興行成績も、消化試合処理の問題もあるのだろう。

 

プロ野球も、変遷してきた。

私が、物心付いたころ、プロ野球の試合は、ラジオで放送されていた。

同じ家の母屋に住んでいた、従兄弟たちは、プロ野球に夢中であった。

女の子の知り合いもいない私は、大きな影響を受けた。

 

その頃と同じチーム名で、今存在するのは、セでは、巨人、阪神、中日、広島。パは、ないのではなかろうか。

いまのDeNAは、私が、子供のころは、大洋ホエールズといった。

このチームが、セ・リーグ優勝した年、新聞の漫画にあった「『月が丸はのマーク』に見えらー。」のセリフ、今も、覚えている。

 

パは、親会社が、変遷した。

東映大映、松竹といった映画会社、南海、近鉄、阪急、西鉄いといった私鉄、セでは今のJR(当時は国鉄)を親会社とするチームもあった。

トンボ(鉛筆の会社か?)とかタカハシとかいうチームもあった。

毎日新聞プロ野球のチームを持っていた。

 

そして、やはり、巨人がプロ野球の中心であった。

選手では、川上哲治(長嶋が選手のころの巨人の監督であった)とか、大下、別所、青田、国鉄の金田、阪神は、藤村といった選手に記憶がある。

 

時代が下がって、王、長嶋の時代には、阪神の村山、小山、西鉄の中西、稲尾、豊田とか、覚えている。

しかし、すべて、巨人対アンチ巨人であった。

私は、一生を通じてアンチ巨人であったけれど。

今の巨人、見る影もない。

 

そして、現在気にしているのは、エンジェルスの大谷翔平の活躍である。

 

世の中、楽しいものが野球以外にいろいろある。

サッカーのワールドカップのアジア予選、日本が抜けられるかどうかのほうが気になる。

テニスもゴルフもラグビーの試合も見るのは面白い。

プロ野球の結果ニュースでチェックだけになってしまった。

クライマックスシリーズの結果もニュースで結果を確認するだけになるだろう。

f:id:spring211:20211022080249j:plain

コスモス

 

「中国共産党  暗黒の百年史」を何とか読み終えた。

中国共産党 暗黒の百年史(石平著)を読んだ。

モスクアでスパイの訓練を受けた毛沢東、帰国後、仲間を国民党に放ち、スパイ、裏切りをすることで、国民党を滅ぼす。

そして、中国共産党が権力を握る。

仲間内では、いつも権力闘争を繰り返し、私腹を肥やす。

この政権の本質は、中国の数千年の歴史に現れた、王朝の中の権力闘争と腐敗と同じである。

仲間を虐殺し、国民を搾取の対象とする。

それは、現在の習近平の政権も同じである。

 

正直、あまりにも生々しくて、何度、挫折したことであろう。

現在の中国の本質は、本当に、怖い。

 

今後の中国は、どのようになってゆくのだろう。

中国国民の平和な生活、そして、周辺国家が、この政権に巻き込まれないことが、大切なことなのだが。

 

読み終えて、本は、最近、町の図書館に寄贈することにしている。

この本も、あと1冊あった世界の要人の写真集も、図書館に寄贈した。

図書館の蔵書になるか、リサイクルになるかは、分からない。

しかし、希望者がいれば、私以外の人も、この本を読んでくれる可能性がある。

小さな断捨離。

f:id:spring211:20211021065902j:plain



スマホを持っていない私

私が、パソコンを使い始めてのはWindows98のころであった。

ドラッグストアでも、仕入れ品の管理と、販売品の値段表示とか、パソコンが使われ始め、簡単な操作ができないと困るようになったからである。

 

電話は、若いころは行く先々に公衆電話があった。

今は、公衆電話を探すのに、苦労する。

 

わたしは、いまもパソコンは使うけれど、スマホを持っていない。

息子や娘が、社会人のころは、私も人並みに携帯を持っていた。

 

友人とも、よくメールのやり取りをしていた。

若いころ友人と手紙をやり取りしたように。

 

息子や、娘とも、簡単な連絡は携帯のメールを利用していた。

夫は、メールができる人ではなかったので、携帯を使って電話しあった。

 

息子が、癌になって3回目の手術をした後、今までの仕事を継続できなくなり、息子は、携帯を捨てた。

「職場からの緊急連絡を受ける必要がなくなったから。」とのことであった。

息子とは、今も必要があれば、お互いのパソコンでメールしあう事がある。

息子にしてみれば、耳の聞こえにくい私に、大きい資料や長い説明するのに、パソコンは、便利らしい。

 

夫は、携帯の電話連絡が好きな人であったので、携帯をよく掛け合っていたが、2016年に亡くなった。耳の聞こえにくくなった私は、それから、携帯を電話として、使う事はほとんどなかった。

 

娘とは、携帯のメールをいつも使って連絡しあっていた。

娘も亡くなり、たびたび、携帯を使って、連絡しあう相手もいなくなった。

 

息子は、その頃、すでに携帯を持っていなかった。

私も携帯を捨てた。

 

「バスのなかで、電話がかかってくることもなく、気楽になった。」と思っていたにも関わらず、買い物ををした決済に、スマホを使う事が多くなっている。

スーパーの割引もスマホを持っている人だけである。

地震の緊急連絡もない。

 

「家の外でまで、パソコンを使うことはない。」と思っていた私は、現在、世の中に遅れている。

「これは、失敗したかな。」と思う時があるこのころであるが、せめてパソコンが使えることが、慰めである。

f:id:spring211:20211020072847j:plain

団地の南天

もし、人生で違う選択をしていたら、違う結果が得られただろうか。

hinemosunotarifire.hatenablog.com

のそらさんのサイトから、お借りしてきました。

内館牧子さんの「今度、生まれたら。」を紹介されたブログです。

 

70歳の主人公、夫は、サラーマン、二人の息子の恵まれ、年金で生活できる現在、それでも、今までの生活と違った人生がったのではないか、趣味に生きるのは、自己満足ではないのか、社会に必要とされない人生、心苦しい。

少しでも、周りの人が、喜ぶような生き方ができないかというのが、生き方の方向性であろう。

 

考えてみれば、私も、今まで人生、20歳を過ぎても、親離れができたとはいいがたい。

進学、就職、結婚、すべて親の敷いたレールの上を走ってきたにすぎない。

高校を卒業したとき、家を出ざるを得ない進学をしていたならばとか、就職の時大阪や東京に出ていればとか、考えることがあった。

 

私が親離れできたのは、結婚して、大阪に出てきて、子育てをしながら、ドラッグストアで働らいたからだろう。

職場がいつも恵まれていたわけではない。

いいことも、そうでないこともいろいろあった。

 

高齢者になった今、思うが、本当に趣味は趣味に過ぎない。

長く続けれていれば、それはそれで、楽しいが、それだけである。

別のコースをたどって、80歳になっても、心は同じものだろう。

別の満足を得ても、他方で、不満を抱えていることだろう。

 

今の私は、幸い息子に必要とされている。(もっとも、私も息子を必要としているが)、やはり、人は、誰かに役に立てることが、一番うれしいことなのだろう。

f:id:spring211:20211019071053j:plain

 

動物由来感染症について

recoca1940.hatenablog.com

recocaさんの記事をお借りしてきました。

 

人類が、農耕を始め、定住したのが1万年前、人類が、家畜を飼い始めたのは、犬が、一番早く、約3万年前と言われています。

そして、羊、豚、…と続きます。

家畜は便利ですが、動物だけが、共存しているウイルスや病原菌に、人間もさらされるようになりました。

天然痘、インフルエンザなどです。

コロナも、こうもりは、共存していましたが、人類は、コロナと共存していないので、

蔓延したのですね。

 

www.mhlw.go.jp

厚生労働省のサイトです。

・動物由来の感染症の移り方

 かみ傷、ひっかき傷

 ダニ、蚊などの媒介

 病原体に汚染された水や土に触ったり、のんだりする。

 熱を加えず、家畜や魚介類を食べる。

感染症保有動物

 犬や猫以外の珍しいペット

 野生動物(タヌキ、イノシシ、サル、キジ、こうもりなど)

・予防法

 動物に触ったら手を洗う。

 犬は予防注射

 過剰なふれあいは避けましょう。

 糞尿はすぐに処理しましょう。

 室内で鳥を飼っているいる場合は、喚気に注意しましょう。

 動物の身の回りの清潔

・日本は島国で世界の200種類以上もある人畜感染症が、入ってきにくい。

 日本は、温帯で、人畜感染症の種類が少ない、

 日本人は清潔好きだから、衛生対策が、徹底されている。

 

日本は、人畜感染症が少ないのは、いいことなのですが、珍しいペットを飼われている方は、やはり気をつけていただきたいですね。

f:id:spring211:20211018065409j:plain

ダリア

毎日暇なのは、楽な様に見えるが、することがないのは、‥困る。

oi-tora.hatenablog.com

老い寅さんの記事をおかりしてきました。

 

緊急事態宣言が、開けたとはいえ、まだ、行く先のわからぬコロナ、まだ、私の住む大阪郊外のちいさな町は、静かですが、コロナになる前は、空前のマンションブームで、

この記事のような、マンション販売の案内プラカードを持った人をよく見かけました。

 

私も、このアルバイトをしたことのある人から話を聞いたことがありますが、やはり、冬の寒さは、カイロをしていても耐えられないくらい厳しいものだそうです。

それと、スマホを持たず、本も読めず、何もすることがないのは、本当につらいもので、その人は、すぐにこのアルバイトはやめて、ガードマンに転身したそうです。

 

ガードマンは、1日立っていなければなりませんけれど、毎日通りかかる人と話をしてもいいし、車や人を案内するなど、小さな変化がいいそうです。

「1日働いて夜の飲むビールのおいしいこと、そのために、こうして働いているのだ。」とか。

 

私は10年前に仕事はやめましたけど、働いていた当時、ドラッグストアで、いろいろな店を転勤をしましたが、忙しい店のほうが勤務は楽でした。暇な店で、商品の埃を払っているばかりの時のほうがつらかったですね。

 

年を取った今も、1日何もせず過ごすのテレビばかりみているのは、つまらないものですね。何もしなければ体力は、衰えるでしょうし、時間の流れが止まったようで、認知症に1歩近づくのではないでしょうか。

毎日の生活に、小さな家事を入れたり、出かける用事を作って、出来るだけ忙しい毎日を送るように心がけています。

 

f:id:spring211:20211017081313j:plain

ホトトギス